株式会社光テック

   

無料お問合せ・見積依頼
はこちらからどうぞ !⇒

メールは、確実 便利 安心下さい。

HOMEへ戻る
リフォーム
現場NOW!!
介護保険
スタッフ紹介
会社概要

    『えへんの手紙』   

関連会社
ヨッコリーヌとは
お問い合わせ
_____________


1.IHミニお料理体験
2.ショールームツアー企画
_____________












リビングプラン提案
カラオケボックス提案


   プライバシーポリシー

           

 

光テックだより

「社長ビデオレター」平成20年12月号

画像真ん中の三角ボタンを押してスタートして下さい。

『お世話になっております。社長の弘内です。
毎月ビデオLetterをお届けしています。』どうぞお楽しみください。
_____________________________

■ 156号          『光テックだより』          2008年12月号■
_____________________________

  今年最後の光テックだよりになりました。時が経つのは早いですね〜!
振り返ってみると今年は実りある1年だったように思います。

建築業界は相変わらず厳しーい市場ではありますが、なんとかこうして
今年最後のご挨拶が出来るのも本当に皆さんに支えて頂いているお陰です。
感謝しています。ありがとうございます。

   さて今年最後を締めくくるヨッコリーヌの独り言は・・・・・先ほど今年を振り
返ってみると実りある1年だった。と冒頭でお話しましたが、私の母(常務)
は懸賞に始まり懸賞に終わる1年でした(^^; 今年初めに宝クジで5万

ほど当たり「今年はなんかツイちゅう〜」とそれからほぼ毎日、何かしら
の懸賞に応募しています。それがまた当たる当たる。リップクリームから
始まり、屋外インテリア照明器具などなど。一番の高額商品は「スチームのオーブンレンジ」です。

しかも冷凍食品の試食会の抽選で見事当選し、その試食会の中での抽選会
で見事「スチームのオーブンレンジ」)をゲットした。という訳です。

ヨッコ:「もしかしたら年末のジャンボ宝クジも当たるかもしれんで〜
当たったらどうする〜?」

母:「まず借金返して(リアルですみません^^;)」どうしようね〜)
ヨッコ:「けんどいざ1億あってもよう使わんよね〜」
母:「そんなんすっと使えるよ〜」
ヨッコ:「事務所建て直すってのはどう?」
母:「そうやね〜やっぱりそうやね〜」(目を輝かせながら)

しかし考えてみると、毎年、年末に母とこんな会話をしているような気がします。
そして毎年、新年早々「やっぱり当たらん!ガックリや!」と母から聞かさ
れているような・・・・・

来年は私も懸賞生活して生活費を節約したいと思います?!
そもそも節約の仕方が間違っている?こんな感じで来年も頑張りまーす! 

                       by ヨッコリーヌ

画像形式 http://www.hikaritec.co.jp/08mm12.html

                                
================★☆彡””・・。。

●お知らせ●

TOTO『お客様感謝祭』開催☆彡

2008年12月13日(土)/10時 〜 17時
(高知市東秦泉寺122−1 TEL088-845-1010)

いつもお世話になっている皆様へ感謝の気持ちを込めまして
お客様感謝祭開催!
ご家族揃ってお越し下さい!

ご来場のお客様にかわいい「クリスマスキャンドル」プレゼント!
ヨッコリーヌがお待ちしています(*^_^*)

____________________________

                  ■【光テック物語U】■  No.22       
   
                    「がんばる馬路村」


  高知市から東へ車で2時間あまりの山奥に馬路村があります。
馬路村は、「平成の合併」で多くの市町村が合併する中、近隣の市町村と
合併しない人口1000人余りの村です。

なぜ合併しないかと言うと「儲かっている!」からです。
その源泉は柚子(ユズ)で作った飲料水「ごっくん馬路村」に代表される
柚子製品です。

でも柚子はあちこちの町村で取れます。なにも馬路村だけの特産物では
ありません。ではなぜ馬路村はこの柚子で儲かっているのでしょうか?
そこには東谷望史さんがいたからなんです。

東谷さんは今から30年ほど前の昭和55年ごろ各地のデパートへ柚子製品を
もって売り込みを始めたそうです。何度行っても取り合ってもらえない。
注目を集めるまでなんと10年もかかったそうです。

その戦略が馬路村そのものをブランドとして売り出すことでした。
TVCMの背景が馬路村の山村風景、出てくるキャストが馬路村の子供達から
お年寄りまで、セリフが土佐弁丸出し。包装、ラベル、説明書など全部
馬路村風の手書き書体という具合。

つまりブランドとして「馬路村」・・・正真正銘の「村」で生産している
必要があったのです。
「村」の持つイメージを製品に結び付けた見事な販売戦略なのです。

先日この馬路村の柚子加工工場を見学して東谷望史さんとお話をしてきま
した。
驚いたのが近代的に整備された工場で若い男女が働いていることと森の中
のレストランをイメージするようなコールセンター(電話による受発注業
務部門)です。

東谷望史さんのお話は、実践を通して身に付けられた「なみなみならぬ
自信」と「柚子」にかける「強烈な情熱」が感じられて圧倒されました。
やはり事を成すのは「人」ですね。

いただきました「ごっくん馬路村」(柚子ジュース)を飲みながらこんなことを
考えました。http://www.yuzu.or.jp/shokai/gokun.html


動画 http://www.hikaritec.co.jp/movie/videoletter0812.wmv

○//〜〜〜〜○//〜〜〜〜 次号へ続く >^_^<〜〜〜〜○//



                                                         ▲ページTOPに戻る

株式会社光テック
780-8019 高知市北竹島町363番地
TEL(088)833-0369(代) FAX(088)833-0717
E-mail:hikari@hikaritec.co.jp
Copyright(c) hikaritec Co.Ltd all rights reserved.