株式会社光テック

   

無料お問合せ・見積依頼
はこちらからどうぞ !⇒

メールは、確実 便利 安心下さい。

HOMEへ戻る
リフォーム
現場NOW!!
介護保険
スタッフ紹介
会社概要

    『えへんの手紙』   

関連会社
ヨッコリーヌとは
お問い合わせ
_____________


1.IHミニお料理体験
2.ショールームツアー企画
_____________












リビングプラン提案
カラオケボックス提案

  プライバシーポリシー

                 

 

光テックだより

 「社長ビデオレター」平成23年11月号

画像真ん中の三角ボタンを押してスタートして下さい。                             

『お世話になっております。社長の弘内です。
毎月ビデオLetterをお届けしています。』どうぞお楽しみください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■191号                  光テックだより           11月号■

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      『いつかシルクドソレイユの大舞台で・・・』

    何かと忙しかった先月、食欲の秋・・・「直島で贅沢弁当を食す。」
芸術の秋・・・「直島でアートに触れる。」運動の秋・・・「娘ちゃんの運動会で、お父
さんスニーカーを買う!」サザエさん風にお届けすると先月はこんな三本立てな
出来事がありました。
詳しくは、ホームページの“ヨッコリーヌのコト・モノ ブログ”を見てね!v(*'-^*)b

  さて今月の独り言は・・・「えっへん、えーただいまー親子でセミナー行脚をして
おります。」なんちゃーいばる事でもないのですが、社長(父)と「老後に役立つ
リフォーム」と題して要請があればいろいろな所へ出向いてセミナーをしています。

(半ばこちらから強引にお願いしている状態ですが・・・(^^;))基本、あがり症な私は
あんまり人の前でしゃべるのが得意な方ではありません。ので、何年か前に
「リフォームの実例を話してくれませんかー?」なんてお話し頂いた時も
「いやいや(*´д`)ムリムリ!!」とお断りして来ました。そんな時、今年の夏に某会社
さんから「一般の方向けにリフォームを対象としたセミナーをやってみませんか?

自分自身も勉強になりますよ!」とお話しを頂いた時、今までの感覚とは違って
「このままでは自分は一皮向けない。よし!やってみよう。<(`^´)>」と前向きな自分
に一歩前進できたのです。実はアラフォー目前にして「今までの営業スタイルに
なにかプラスして光テックを知ってもらいたい!」とフツフツとした想いがあったの
で、今回はお引き受けさせて頂きました。(^∀^) 

 私、いいともでお馴染みのタモリさんの仕事論で「自分の中で『これくらいの力がついたらこれくらいの仕事をしよう』と思ってもその仕事は来ない。必ず実力よりも高めの仕事が来る。それはチャンスだから、絶対怯んじゃだめ」以前、萩本欽一も言っていた。「やりたくない仕事しかこない。でも運はそこにしかない」って言葉があるのですが、この言葉すごく心に響いています!!という訳で、その某会社さんのセミナーを皮切りに味を占めて(´∇`)約1時間半コースで、社長(父)とセミナー行脚をしている訳です。最初の10分程度は社長が「建築業界の現状」をお話しして(←もうねぇ〜絶対、時間内に終わらないのよ。)

しかも私にバトンタッチする時に必ず「え〜では、美子の方からリフォームの実例を
話しさせて頂きます。」っていつも私を紹介する時に「夕部」ではなく「美子」と言い
ます。もぉーいつもいつも注意しているのですが、自分の娘がかわいいのか、ほんとに何回注意しても直りません!!ヽ(`Д´)ノ 因みに最近まで、まだ旧姓の「弘内美子」っていう時もありましたからねっ。>どんだけ嫁に出したくないのだっ!って話しですよね・・・

まぁこんな感じで親子喧嘩を時々しながらセミナー行脚を続けています。>ね、なんか聞きたくなるでしょ!v(*'-^*)b なんだかこのセミナー、私的には“サーカス”みたいなんですよね!「いつかシルクドソレイユの大舞台で!・・・」いやいや、まだまだ大舞台はムリムリ(*´д`)。これからコツコツ親子でがんばりまーす!!(^o^)/ 
                                         by ヨッコリーヌ

・「ヨッコリーヌ」 11月号 画像形式
http://www.hikaritec.co.jp/11mm11.html
・「ヨッコリーヌ」バックナンバー
http://www.hikaritec.co.jp/hikaritecdayori-backnumber.html
★ヨッコリーヌのコト・モノ ブログ★
光テックホームページの右下です!是非、覗いてみて下さいね!
ホームページ⇒ http://www.hikaritec.co.jp/
携帯でも毎日更新 見られます⇒ http://www.hikaritec.co.jp/yokko-blog.html

================================
◆◇ リフォームセミナー&塗装・電化相談 開催 ◇◆
         http://www.hikaritec.co.jp/11mm11.html

@ 『リフォームのプロが教える快適な家造り』 ☆
     〜老後のリフォームのために知っておきたいこと〜

A 『塗装●電化に関するご相談会』
      ☆★☆ 外壁の塗装も!当店まで  ☆★☆
            塗装サンプルをご覧いただけます!
            2倍長持ち! いつまでもキレイ!
            TOTO光触媒ハイドロテクトカラーコート
詳しくは http://www.hikaritec.co.jp/index.html#2

    〜オール電化  エコキュートで光熱費グーンと節約〜

◆2011年11月19日(土) 10時〜17時
◆場所:TOTO高知ショールーム (高知市東泰泉寺122−1)
◆電話:088-845-1010

セミナーは約30分間です。事前にお好きな時間をご予約下さい!
(株)光テック 池田(TEL088-833-0369)までお願いします。

※リフォーム・塗装・電化★相談は随時お受けいたします。
    ご家族・ご近所の皆様とご一緒にお気軽にお越下さいね。


============================
      
                ■    【光テック物語U】 No.54  ■

                『あるキッチンメーカーの戦略』

    そのキッチンメーカーから衣類を売り出すという。
非常に個性的な衣類をである。
ここに至るにはいくつかの伏線があったようである。

十数年前からこの社長は「もうキッチン単体で勝負する時代ではない」
と考えた。そこでキッチンを芸術作品と位置づけイタリアに代表される
洗練されたデザインを取り入れた。

その周りの調度品、照明、カーテンなど空間としてのキッチンをくつろ
げる場所として捉えて、キッチンをインテリアとしてを考えた。このような
コンセプトで作った展示場のキッチンの上に付けたシャンデリアが1000
点以上売れたと言う。

これがきっかけとなりくつろげる場所でのキッチンにふさわしいファション
を提案するということになった。このファションはこの社長の嗜好で開発
するという。うまく行くかどうかは、時間が答えてくれるだろう。

さて、この情報を知った時、私はこの社長の容易ならざる覚悟を感じた。
うまくいくかどうかの命運をこの社長一人が握っているそのことを一番
知っているのが社長だからである。

私にこの覚悟があるか?
身震いをしながら自分自身に問うてみた。
・・・お客さんや社員を信じて『ああでもない、こうでもない』と悩みながら
ともかく前を向いて進んで行こう!・・・っと。

                                                                   by Syacho

・「光テック物語」11月号 動画
http://www.hikaritec.co.jp/movie/videoletter1111.wmv
・「光テック物語」バックナンバー
http://www.hikaritec.co.jp/hikaritec-story.html
・「光テックだより」メルマガ バックナンバー
http://www.hikaritec.co.jp/backnumber.html

================================
■編集後記■

●紅葉を眺めながら冬支度をしなければ! 我が家は今風?のクローゼットなど
なく、衣装箱に詰め込んで衣替え。
小学生の娘は、毎年サイズが変わり衣装箱から出した服はちんちくりん(^_^;)
そのうち私の服を再利用してもらおうかしら・・・

                                            「ぴか子」

●私には3人孫がいます。その内の一人は5才の女の子です。
まぁー口が立つと言うか、食べてる時以外はなんじゃ、かんじゃとよくしゃべって
います。又、自分の失敗を絶対認めません。
彼女の考えられる限りの自分の論理を絡めて・・・結局自分は悪くないと主張を
するのです。そこで大人の論理で「そうやないろう!」と言うと「わぁー」と泣きま
す。

それですべては彼女の勝ちとなります。
最後の手段「わぁー」と泣きたいのは私達大人やないですろうか(笑)


                                                   「Syacho」

                                    ・・・・・   !(^^) ! 次号に続く ・・・・・



▲ページTOPに戻る 

株式会社光テック
780-8019 高知市北竹島町363番地
TEL(088)833-0369(代) FAX(088)833-0717
E-mail:hikari@hikaritec.co.jp
Copyright(c) hikaritec Co.Ltd all rights reserved.